Low Pressure Die Casting

密閉された坩堝内の溶湯面に比較的小さな圧力(空気あるいは不活性ガス)をかけて重力と反対方向に溶湯を押し上げ、給湯管から製品内に注入する工法です。

製品の重量が増えて形状が複雑になると方向性凝固や溶湯の円滑な流れのために金型の温度を上げなければならないが、金型の温度が上がると凝固完了時間が遅延されて生産性が低下し、製品の組織が荒くなり機械的性質も低くなる傾向があります。健全な製品を得るためには適正な湯口と位置設定、加圧条件及びチャンネルの位置、条件設定がとても重要です。

  • 冷却チャンネル及び金型の構造
  • Stalk内の溶湯量の逆圧を考慮した充填様子
  • 2つのStalkを用いた充填様子